秘密証書遺言を作成したい方・相談したい方

JR総武線・本八幡駅1分の行政書士事務所が、遺言書作りをお手伝いします。

市川市、船橋市を中心に千葉県、東京都の全域に対応します。

たかはし行政書士事務所(トップページ) > 遺言書 に戻る

秘密証書遺言とは

遺言内容は秘密にするけれど、遺言書が存在することを明確にできる遺言です。

自筆証書遺言は遺言者さま自身が全文を手書きしますが、秘密証書遺言ではワープロを用いたり他人に代筆してもらうことができます。このことは、遺言者さまの健康状態によっては、使い勝手が良い場合があります。(後述のメリット参照)

メリット

デメリット

行政書士があなたの遺言書作成をお手伝いします

行政書士は必要な調査を行い、遺言書形式の万全な下書きを作成し、且つ遺言書本体をワープロで作成します。遺言者さま自身は、ワープロで作成された遺言書に署名・押印を行い、封筒に入れます。その後、2名の証人とともに公証役場に出向き、遺言書の存在について証明をしてもらいます。

  1. 遺言者様からヒアリングをして、ご要望を確認します。
  2. 必要に応じて、相続人や相続財産を確認します。
  3. ヒアリング内容をもとに、弊事務所で遺言書の下書きを作成して、遺言者さまに提示いたします。
  4. 遺言者さまが「これで間違いない」と納得されましたら、弊事務所で遺言書をワープロで作成します。
  5. 遺言者さまにて2名の証人を手配します。弊事務所が2名の証人をお引受けすることもできます。
  6. 遺言者さまは2名の証人と伴に、予約日に公証役場に出向き、簡単な手続きを経て、秘密証書遺言が完成します。

報酬額は72,000円(税別)~です。報酬の他に交通費・郵便代・公証人手数料などの費用が必要です。

相談のみをご希望の方は、30分ごと3,000円(税別)です。

公証人の手数料

一律、11,000円です。


市川市在住20年の行政書士が、市川市・船橋市などを中心に、遺言書作りをお手伝いします。事務所はJR総武線の本八幡駅1分、京成線や都営新宿線も利用できる大変便利な場所にあります。

ご希望に応じてお客様を訪問いたします。お気軽にお申し付けください。(千葉県・東京都の全域に対応)

たかはし行政書士事務所(トップページ) > 遺言書 に戻る