(建設業法施行令)特定建設業に関する下請代金引上げなど

市川市・JR本八幡駅徒歩1分・たかはし行政書士事務所が注目している法令等改正・制度改正です。

市川市、船橋市を中心に千葉県、東京都の全域に対応します。

発注者から直接請負う建設工事について、特定建設業の許可が必要となる下請契約の代金の額の下限が、建築一式工事は4,500万円から6,000万円に、建築一式工事以外では3,000万円から4,000万円に、それぞれ引上げられます。施行日は、平成28年6月1日です。

≪参考≫官報 平成28年4月6日 本紙6750号 建設業法施行令の一部を改正する政令(政令192)

なお、この政令には、上述のほかにも改正が含まれています。



市川市・船橋市などを中心に活動する行政書士です。事務所はJR総武線の本八幡駅1分、京成線や都営新宿線も利用できる大変便利な場所にあります。

ご希望に応じてお客様を訪問いたします。お気軽にお申し付けください。(千葉県・東京都の全域に対応)