建設業許可申請の代行・相談

JR総武線・本八幡駅1分の行政書士事務所が、建設業の許可申請手続きの代行・相談を承ります。

市川市、船橋市を中心に千葉県、東京都の全域に対応します。

たかはし行政書士事務所(トップページ) に戻る

許可を取っていればチャンスを逃しません

弊所で許可を取得したお客さま曰く、

これで大きな仕事が来ても大丈夫!!許可を持っていないと請負代金を気にしなければならないから。

聞けば、許可を持っていなかったことにより、大きな仕事のチャンスを逃していた、といいます。

許可取得の年間コストより売上増の方が遥かに大きい

許可を取得し維持するためにはコストがかかりますが、行政書士を利用する場合でも、最初の5年で年間10万円程度、5年経過後は年間8万円程度です。

許可を持っていれば大きな仕事の受注のチャンスが増え、年間コスト10万円を遥かに上回る売上増加が簡単にできます。

建設現場等で知り合う同業者さんに「●●知事 許可(般-●●)第●●●●●号」と記載した名刺を渡しておけば、いずれ仕事の引き合いが来ます。

許可を取得するには?

お客さま自身が許可条件を満たしていて、そのことを証明できれば許可を取得することができます。

許可条件や証明方法は、場合によっては難しいこともあります。

そのような場合は、行政書士にご相談いただければOKです。

コストの内訳

下表のほかに、各種証明書の取得費用、行政書士の交通費など業務遂行に必要な費用が別途発生します。

新規に許可を取得するときのコスト

手続名料金項目金額
新規申請
(知事の許可)
都道府県の手数料90,000円
行政書士報酬145,000円(税別)

以後のコスト

手続名料金項目金額
事業年度終了届
(決算変更届)
都道府県の手数料なし
行政書士報酬40,000円(税別)
変更届
(決算変更届を除く)
都道府県の手数料なし
行政書士報酬25,000円(税別)
業種追加
(知事の許可)
都道府県の手数料50,000円
行政書士報酬85,000円(税別)
更新
(知事の許可)
都道府県の手数料50,000円
行政書士報酬85,000円(税別)

前述の最初の5年の年間コスト10万円は、新規に許可を取って維持する場合で、
新規申請145,000円+税
都道府県手数料90,000円
事業年度終了届5年分(40,000万円+税)×5回
その他費用3~4万円程度
合計が約50万円で、5年で割ると、年間コスト10万円と計算できます。

新規許可後に業種を追加したり、何か届出を行ったりすると、上表に従いコストが加算になります。それでも売上増加の方が遥かに大きくなりますので、ご安心くださいませ。

(ご参考)



市川市在住20年の行政書士が、市川市・船橋市などを中心に、許可・登録の申請をお手伝いします。事務所はJR総武線の本八幡駅1分、京成線や都営新宿線も利用できる大変便利な場所にあります。

ご希望に応じてお客様を訪問いたします。お気軽にお申し付けください。(千葉県・東京都の全域に対応)

たかはし行政書士事務所(トップページ) に戻る